熱中症 予防対策 熱中症応急処置

熱中症予防対策 熱中症とは


熱中症予防対策 熱中症とは


netutyusyou.jpg


真夏の気温や湿度の高いところで、激しい運動や仕事をしたり、
長時間日光を浴びると、身体に障害が起きて

「めまい」や「吐き気」、「頭痛」、さらには「意識障害」と
いった症状が現れることがあります。

日射病とは違っていて、室内でも発症するケースが多くなっています。

特にお年よりは気温に対しての感じ方が鈍く、部屋の中でも熱中症に
なりやすくなっています。

部屋の温度、水をこまめに取るなど、周りの方が気をつけてあげま
しょう。

意識障害がある場合はすぐに救急車を要請してください。
救急隊が来る前に、首、脇の下の静脈を水、氷で冷やして体温を
下げることをしてください。


・熱中症予防対策、熱中症の症状

・熱中症予防対策 熱中症の応急処置

・熱中症予防対策 熱中症を予防するには

・熱中症予防対策 熱中症を予防する飲み物

・熱中症予防対策 高齢者は熱中症になる可能性が高い

・熱中症予防対策 熱中症を予防する栄養 食物

・熱中症予防対策 子供の熱中症 熱中症予防

【熱中症予防対策 熱中症とは の最新記事】

赤ちゃんの熱中症に注意 あかちゃんの熱中症対策


赤ちゃんの熱中症に注意 あかちゃんの熱中症対策


毎日、晴れると暑い日が続いています。
赤ちゃんの熱中症に注意が必要です。

ベビーカーにのっている時や、室内でも熱中症は起きます。
赤ちゃんは大人が気づいてあげないと自分では何もすることが
出来ません。

大人がよく赤ちゃんを観察してこのような症状があったら
注意が必要です。

・顔色がいつもと違う(赤い、青ざめている)

・いつもより元気がない

・暑いのにあまり汗をかいていない

・ふらふらしている

このような症状があったら水分を多めに与えます。水分を摂るとき
塩分を一緒に摂る、水に少量の塩を入れる。

スポーツドリンクは多く飲みすぎると、塩分、糖分の摂りすぎになります。
与える時は半分に薄めて与えます。

赤ちゃんのいるご家庭は、普段から経口補水液を用意しておくと安心です。

洋服も首周りがあいた、ふわっとして肌にべったりくっつかない
風がとおる洋服にします。

ベビーカーは地熱に近い位置で、反射熱を受けやすいので赤ちゃんとの
お出かけはなるべく日が落ちた夕方にしましょう。


baby_car_mother.png


posted by netu at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんと熱中症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


Copyright © 熱中症 予防対策 熱中症応急処置 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

1