ベビーカーと熱中症 - 熱中症 予防対策 熱中症応急処置

ベビーカーと熱中症


ベビーカーと熱中症

ベビーカーに乗っている赤ちゃんはアスファルトに近いため
親が思うより、大変熱い思いをしています
知らないうちに熱中症になっている危険性もあります。

ベビーカーが暑く感じられるのはアスファルトの照り返しです。
放射熱が半端ではありません。

赤ちゃんは自分で表現できませんから、親がきちんと熱中症対策を
することが大切なのです。

公園などの草や土の地面であれば、放射熱はそれほど大きく
なりませんが、アスファルトやコンクリートは裸足で触れると
火傷をするくらいに熱くなっています。

いくら風が涼しいとしても、ベビーカーの中は蒸しぶろ状態に
なっていることもあるのです。ベビーカーと親の顔の部分での
温度差は3℃もあると言われています。

3℃も違えば、赤ちゃんにとっては大きな差になります。

熱中症対策として水分をこまめに補給させることが一番ですが、
放射熱がない地面のある日陰で休憩することを心がけましょう。

最近はベビーカー用のクールシートが販売されています。
赤ちゃんの下に敷いて、熱を逃がしてくれるものです。

赤ちゃんが気持ちよく寝ているのであれば、何の問題もありませんが
顔を赤くして苦しそうであれば、病院で診察を受けてください。

紫外線と温度の高い日中はなるべく赤ちゃんずれの外出は控えて
涼しくなってから出かけましょう。


今年のベビーカーシートは、冷凍しても
固まらない保冷材で暑さ対策出来るベビーカー シート。



赤ちゃん 熱中症


posted by netu at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんと熱中症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283166487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク


Copyright © 熱中症 予防対策 熱中症応急処置 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
1