熱中症対策 スポーツによる熱中症に注意 - 熱中症 予防対策 熱中症応急処置

熱中症対策 スポーツによる熱中症に注意


熱中症対策 スポーツによる熱中症に注意

最近はスポーツによる熱中症が大変増えているようです。自分は大丈夫と
思わずに、体調の悪いときは練習などはやめておきたいですね。

市民マラソンなどは気温が低くても、熱中症を起こす危険があります。
休憩を取り、こまめに水分補給をして体調を見ながら参加したいですね。

気温による熱中症の危険度を調べてみました。

●気温が35℃以上は運動は中止、皮膚温より気温の方が高くなり、体から
 熱を逃すことができない。特別の場合以外は運動は中止する。

●31℃〜35℃は厳重警戒、運動する場合には、体力の低いもの、暑さに
 なれていないものは運動中止。激しい運動は避け、休息、水分を摂る。

●28℃〜31℃ 警戒 積極的に休息をとり、水分補給をする。

●24℃〜28℃ 注意 熱中症による死亡事故が発生する可能性があります。
 熱中症の兆候に注意するとともに、運動の合間に積極的に水を飲むようにする。


●24℃まで ほぼ安全 通常は熱中症の危険は小さいが、適宜水分の補給は
 必要である。市民マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するので注意。
環境省熱中症予防サイトより転載 詳細はこちらから

netutyusyou.png



【熱中症 スポーツの最新記事】
posted by netu at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症 スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422410774
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク


Copyright © 熱中症 予防対策 熱中症応急処置 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
1