熱中症 服装 - 熱中症 予防対策 熱中症応急処置

熱中症を予防する服装


熱中症を予防する服装

熱中症対策といえば水分補給をイメージする人が多いかと思います。
もちろん、水分補給は大切なことです。

それだけではなく服装を工夫することによって熱中症対策となります。
理想的な服とは皮膚表面まで空気が届き、皮膚の汗を吸って服の表面
から蒸発させるものです。

肌にべったりと張り付くようなTシャツは汗を吸いますが、蒸発機能が
弱いところが少し難点ですね。

上着だけではなく、下着が重要な役割を果たすことになります。
最近のスポーツ用の素材は、吸汗・速乾が大きな特徴です。
肌に張り付くことなく、涼しい体感を得られるようになっています。

日光が当たる屋外でのスポーツ、仕事の場合は、黒色系の素材は輻射熱を
吸収しますから、できるだけ避けた方がいいですね。

首回りをネクタイや襟で締めると、胸の熱気が服の中に溜まってしまいます。
汗が蒸発しにくくなりますから、襟元は弛めておくことがいいですね。

クールビズを実践することは熱中症対策にもなります。
軽装にすることでエアコンの温度を高めに設定できエコにも役立ちます。

洋服のスタイルとしては、綿、麻などの体にくっ付かない薄い生地で
襟ぐりがあいて、ふわっとした広い長袖で、適度な緩みのあるもの。
長袖は直射日光からお肌を守ります。

砂漠の国の方が着ているような体を締め付けない、風とうしのよい
イメージの服装がいいですね。


熱中症 予防対策 熱中症応急処置トップへ



posted by netu at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


Copyright © 熱中症 予防対策 熱中症応急処置 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
1