熱中症予防対策 熱中症とは  - 熱中症 予防対策 熱中症応急処置

熱中症予防対策 熱中症とは


熱中症予防対策 熱中症とは


netutyusyou.jpg


真夏の気温や湿度の高いところで、激しい運動や仕事をしたり、
長時間日光を浴びると、身体に障害が起きて

「めまい」や「吐き気」、「頭痛」、さらには「意識障害」と
いった症状が現れることがあります。

日射病とは違っていて、室内でも発症するケースが多くなっています。

特にお年よりは気温に対しての感じ方が鈍く、部屋の中でも熱中症に
なりやすくなっています。

部屋の温度、水をこまめに取るなど、周りの方が気をつけてあげま
しょう。

意識障害がある場合はすぐに救急車を要請してください。
救急隊が来る前に、首、脇の下の静脈を水、氷で冷やして体温を
下げることをしてください。


・熱中症予防対策、熱中症の症状

・熱中症予防対策 熱中症の応急処置

・熱中症予防対策 熱中症を予防するには

・熱中症予防対策 熱中症を予防する飲み物

・熱中症予防対策 高齢者は熱中症になる可能性が高い

・熱中症予防対策 熱中症を予防する栄養 食物

・熱中症予防対策 子供の熱中症 熱中症予防

熱中症 あわてないで 熱中症対策応急キットがあると便利です。 


熱中症対策応急キット 熱中症 あわてないで

今年の夏も暑くなりそうです、梅雨明けしていないのに
35度以上の高温注意報が何度か出ています。

熱中症になる方も多くなるのではないでしょうか。
熱中症も重症になると死亡することもあります。
早めの手当てが大事です。

けいれんなどが起きて、素人では手に負えないくらいひどい
熱中症の時は、早めに救急車を要請してください。

救急車を待つ間、水を飲めるようであれば経口補水液を
飲ませ、首の両側、わきの下を氷で冷やして待ちます。

氷などがない場合は自動販売機の冷えた珈琲缶などで
冷やします。まず体温を下げることが大事です。

外での作業の多い会社、お年寄り、赤ちゃんのいる
ご家庭ではすぐに間に合う熱中症対策応急キットが
あると安心ですね。

熱中症対策応急キットには

・水、食塩、瞬間冷却材、圧縮タオル、体温計
 扇子、暑さから身を守ろう(本)などが入っています。
ひとまとめになっているのであわてずに使うことができます。




●人気の「熱中症応急キット」の内容品を更に充実しました! 【送料無料】熱中症対策に! 


スポンサードリンク


Copyright © 熱中症 予防対策 熱中症応急処置 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

1