熱中症予防対策  熱中症症状 - 熱中症 予防対策 熱中症応急処置

熱中症予防対策 熱中症の症状


熱中症予防対策 熱中症の症状

熱中症の症状には軽度から重症度まで3段階になります。

T度


・めまい・失神

 「立ちくらみ」という状態で、脳への血流が瞬間的に不充分にな
  ったことを示し、“熱失神”と呼ぶこともあります。

・筋肉痛・筋肉の硬直

 筋肉の「こむら返り」のことで、その部分の痛みを伴います。発
 汗に伴う塩分(ナトリウムなど)の欠乏により生じます。これを
 “熱痙攣”と呼ぶこともあります。

U度

・ 頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感
 体がぐったりする、力が入らないなどがあり、従来から“熱疲労”
“熱疲弊”と言われていた状態です。

V度

・意識障害・痙攣・手足の運動障害
 呼びかけや刺激への反応がおかしい、体にガクガクとひきつけ
 がある、真直ぐ走れない・歩けないなど。

・高体温

 体に触ると熱いという感触です。従来から“熱射病”や“重度の日
 射病”と言われていたものがこれに相当します。

環境省HPより引用させていただきました。


熱中症の時には体を冷やして体温を下げる


・熱中症の応急処置


スポンサードリンク


Copyright © 熱中症 予防対策 熱中症応急処置 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

1