熱中症を予防する栄養、食物 - 熱中症 予防対策 熱中症応急処置

熱中症予防 水と塩飴を一緒に摂る


熱中症予防対策 水と塩飴を一緒に摂る


夏は皮膚からの水分蒸発が多くなり、水分が不足しやすくなります。
高温の場所での仕事、運動などで発汗が多いと水分が多く失われます。
そのため、熱中症の危険が高まります。

熱中症予防には水分と一緒に、塩分、ミネラルも補給する必要があります。
簡単に塩分とミネラルが取れるものにスポーツドリンクがあります。

子供の炎天下のスポーツには、水分補給にスポーツドリンクを飲ま
せる方も多いと思いますが、心配なのは糖分の摂りすぎです。

多量のスポーツドリンクを摂取する時は、スポーツドリンクを水で倍
に薄めて与えてください。糖分の摂りすぎを防げます。

水のみで水分補給をするときは、塩分も一緒に摂る必要があります。

そんな時便利なのが塩飴、昔ながらの讃岐のまろやかな天然塩を使った
ミネラル豊富なおいしい塩飴をおすすめします。



【お得な10袋セット!】塩飴 栄養機能食品 電解質をクイックチャージ塩熱サプリ

熱中黒糖、塩分、糖分、ミネラルで熱中症予防


熱中黒糖、塩分、糖分、ミネラルで熱中症予防


熱中症予防には水分だけでなく、ミネラルが必要になります。

熱中黒糖は沖縄県産加工黒糖に沖縄の海水塩
「ちゃたんの塩」と沖縄の海底から採取した
サンゴカルシウムを使用した沖縄産100%の
加工黒糖です。

出かけるときに水と共に携帯すれば熱中症予防に
なります。





熱中黒糖140g熱中黒糖140g沖縄の海水塩 ちゃたんの塩仕様サンゴのカルシウム入黒糖本舗 垣乃花...

熱中症予防に牛乳を NHKあさイチ


熱中症予防に牛乳を NHKあさイチ


熱中症を予防するには、汗をかきやすい体を作ることと
いわれてきましたが

最新の研究で、熱中症に負けない強い体をつくる方法の
ひとつとして、運動後に牛乳を飲むとよいということが
わかりました。

運動後に牛乳に含まれるタンパク質摂ると血液量が13
パーセント増加し、体温調節の機能が高まるという結果
がでました。

熱を逃がしやすい体になっていたのです。

少し汗ばむ程度の運動を30分以上した後、30分以内に
牛乳を300ミリリットル飲むことを、4〜5日間続けると
汗をかきやすい熱中症にに強い体を作ることができるようです。

牛乳を飲んで熱中症を予防しましょう。


トップへ


スポンサードリンク


Copyright © 熱中症 予防対策 熱中症応急処置 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
1