熱中症予防対策 子供の熱中症 - 熱中症 予防対策 熱中症応急処置

熱中症予防対策 子供の熱中症 症状 重症度


熱中症予防対策 子供の熱中症 症状 重症度

子供は熱中症になりやすく、重症の熱射病になります。

子供は熱中症の認識がないので、保護者が気をつけて
あげましょう。

熱中症の重症度は3段階あります。

重症度

1 熱痙攣  大量の汗をかいたあと起こります。

2 熱疲労  目が回る 吐き気 頭痛など

3 熱射病  熱が高い、呼びかけに反応がない、手足が動かない

熱射病の症状が出た場合は、一刻も早く救急車で病院へ
医師の処置を受けてください。

子供には水分を欲しがらなくても、こまめに水分を
与えてください。

水分を補給する時には、塩分も同時にとることが必要です。
麦茶、ジュースなどの中に少し塩を入れて飲ませてください。


・子供の熱中症 熱中症予防


トップへ




子供の熱中症 熱中症予防



熱中症予防対策 子供の熱中症

子供の熱中症は、からだの熱がこもってしまい、体外に放出
できなかった時、温度+湿度が高いときに起こります。

このような時、激しい運動などをした場合、
15〜20分で熱射病になります。

重症の熱射病になると、40度以上の熱が出たり、意識がなく
なったりし、最悪の場合には死亡することがあります。

予防法としては

・水分補給をこまめに行う

・風が通る涼しい衣服を着せる

・外出時には帽子をかぶらせる

・ベビーカーの場合は地面からの照り返しのため温度が
 高くなる場合があるので注意が必要です。

・オネショを予防するため、寝る前の水分を
 控えることは危険です。十分に水分を
 与えましょう。


トップへ


スポンサードリンク


Copyright © 熱中症 予防対策 熱中症応急処置 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

1